SERVICE

サービス概要

倉庫の管理と物流をワンストップでご提供

物流運送と倉庫の管理を一体化

物流運送と倉庫の管理を一体化
物流・商流拠点として
お客さまのニーズにワンストップで対応

十分な保管・荷役・流通加工スペースがあり、倉庫内は24時間セコムにて警備されています。物流・商流拠点としての機能を合わせ持ち、小さな荷物から重量のあるものまで、お客様のご要望にお応えできます。

運ぶ商品とまごころを一緒に

私たちの「運ぶ」という商品には姿形はありません。しかし目でとらえることの出来ない「サービスの提供」が仕事であり誇りです。「迅速・安全・確実」を求め、まごころと一緒に送り届けます。

物流システム

輸送と管理と倉庫が一体化し、時間と経費の無駄を排除
物流システム

従来の物流業界は、運送業と倉庫業が分かれていました。
当社では、自社保有のトラックを運用することにより。この2つを合体させ、独自の営業形態を確立しました。
(1)時間の省力化を実現
(2)ムダな経費の排除
(3)一貫したシステムにより、ユーザーとの信頼関係が拡大
この3点を柱に、お客様のニーズにいつも100%お応えできるよう、努力しています。

Quick & Low-cost Service

Quick & Low-cost Service

自社保有のトラックを運用し、集配業務にあたります。それにより、運送、管理、倉庫の3部門を一体化し、お客様と当社をダイレクトに結びます。

管理部門

管理部門

お客様と当社をオンラインで結び集配の需要や在庫のチェックなど、瞬時に知ることができます。

運ばれてきた荷物を、短期、長期別、軽、重量別、精密機器などに区分けを行い、それぞれに適応する倉庫棟へ搬入します。そして、出荷の日まで万全の管理体制でお預かりします。

情報交換で
常に現状を把握

情報交換で常に現状を把握

物流業界においては、いつ、どこで、どんな荷物を運ぶかを瞬時に知ることが、集配業務の第一条件と言えます。わが社でも、コンピュータを駆使してトラックの需要をチェックし、各ドライバーと密接な連絡を取り、いち早く集配にまいります。また、当社と企業をダイレクトに結ぶオンライン化も実施し商品の入・出荷状況や、在庫の確認なども行います。
”情報の交換”こそ、いちばん大切なのです。

損害保険

お客様の大切なお荷物を、事故・火災など、
さまざまな危険からお守りするための” 安心” へのお手伝いをさせていただいています。
万一のときにお役に立つことができるよう心がけております。是非ご利用下さい。

損害保険

当社では以下のような保険も取り扱っております。詳しくはお問い合わせ下さい。
○自動車保険 ○傷害保険 ○火災保険
○海上保険 ○その他賠償責任保険

環境への取り組み

環境への取り組み

H14年10月1日から首都圏(東京都と近隣3県の一部)、愛知・三重圏、大阪・兵庫圏の3地域(以後首都圏等)で窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)などの自動車排ガス規制(NOx・PM法)が施行されました。これによ り首都圏等では猶予期間後の15年10月1日以降車両検査(いわゆる車検)を通らなくなる車両が出てくるため規制に適合した新型車両への移行が早急に求められています。
また、首都圏では新法施行後、粒子状物質(PM)の排ガス規制 に適合していない車両は走行できなくなるため、規制適合車を購入するか、粒子状物質(PM)減少装置を取り付ける必要があります。 そこで弊社では条例に対応した環境に優しいトラックを導入し 、琵琶湖のある環境県として琵琶湖の保全に努めております。また排気ガスが出ないオイル等のメンテナンスも環境のことを考慮した物を充実させ、環境への取り組みを行っております。

地球温暖化対策

地球温暖化対策

地球温暖化の原因物質には、二酸化炭素(CO2)メタン、フロン等があり、これらは温室効果ガスとも呼ばれています。これらの温室効果ガスの最大の発生源は科学燃料の使用であり中でも二酸化炭素の増加が最大の問題となっています。対策については、低公害車の開発普及、交通流対策をはじめとする自動車交通対策及びモーダルシフト・物流の効率化等が進みつつあります。
特に運輸部門ではこの二酸化炭素が今なお増加傾向にあり、燃料消費量の削除が大きな課題となっており、そこで弊社では環境への取組みとして省エネルギー型車両の導入等の自主的取組を行っています。

CONTACT

お問い合わせ

弊社では運送や物流に関して、企業様のお悩みを解決する様々なサービスをご提供しています。

pagetop